Homeへ戻る

ARMとは

WAR GAMEの中で特に人気を集めている物、それは全長9〜10mにもなる、ヒトガタのロボットである。各国の技術をフルに活用し、様々なカタチの機体が戦場で活躍している。ARMS=Armored Restrict Machine Systemの略。装拘機兵。WAR GAMEの主体となるロボットである。国によって技術やコンセプトが違うので、ARMSと言う名前は共通だが型はバラバラである。

コックピット

ARMのコックピットの基本は2本のスティックによる操縦である。この操縦方法はできるだけ簡略に行う為に設計されたものである。また、頭部はヘッドセットを装着する事により、ARMの頭部と連動させ、パイロットの目線に合わせたカメラ視点を実現させる事が可能である。
下記の画像は中・遠距離用コックピットの第1世代となっている。近距離用コックピットでは、ヘッドセット・腕部、脚部モーショントレーサーを導入している。それによって、近接戦闘をより精密に行う事が可能である。
現在ではBIS、HMI、Testamentを使用した新機軸のコックピットが開発されている。

FRONT VIEW

REAR VIEW

昇降

ARMのコックピットは例外なく狭い。従って必要最低限の動作による昇降が必要となる。その為にコックピットをブロック化し稼動することによって、パイロットの動作を必要とする事無く、乗り降りが可能となった。

図1

図2

対話型AI

人間の情報処理能力には限界がある。その為、ARMにはパイロットの補助機能として対話型AIが搭載されている。前進、後退などの基本的な動作は音声のみで行動が可能であり、また、各状況に対する最適な行動確認など、いわゆる戦闘機に対するフライトオフィサー的な役割を果たす。